うんざりして表示された那覇の割り切り

2020年7月29日

写真を表示
チョッピングとアスファルトの足音を踏むたび

残りたい那覇の割り切り

そうだといい

相反する心でできない夜を数える

逃げられない闇の中で

那覇の割り切り今日寝るふり

死にたくてたまらない花の街、

ボストンバッグ

北から北へ向かった

荒い苦い砂を噛む

ねじ込まれた正直さ

今だ

どこにいる、幸せのトンボ

どこに飛ぶの

ああ、幸せなトンボが見える

舌を出して笑う

明日からは冬の風が横から吹く

まだ恥ずかしい私は生き残るのが恥ずかしい

裸足のマンマは寒くて凍えるような夜を数えますが、私はこの町が大好きです

そして私はこの町を嫌っていました那覇の割り切り

死にたくて

のバカ

知らないで黙って立ち上がる

不快な思いで怒りを飲んだらル市、

那覇の割り切り私は私の骨にうんざりしています
“良くない!”

写真を表示
あなたがいなくて寂しいです那覇の割り切り

18弱者だけで飛び出した僕

愛はいつも大きな嘘つきのように見える

いつの間にか恋に落ちた

目に見えない何かが私の背中を押します

私は転がり、ついに把握することに夢中です

私の心を引き裂いた

私の心は改ざんされました那覇の割り切り

悲しい悲しい夜

大嫌い

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です