本日も興奮できた那覇の割り切り

2021年11月17日

【第1幕】

「少し暗くしてほしい…」那覇の割り切り

彼女は言いました。

部屋の電気を消し、小さなダウンライトだけをつけました。

シャワーを浴びた後、腰にバスタオルを巻いていたので、ベッドの中からじっと見つめていました。

布団を巻いて隣に忍び込んだ。

次に、Tシャツとパンティーの上で体を滑らせ、羽毛布団のタオルの上から股間に手のひらをそっと置きました。

「おち○あごが見たい…」那覇の割り切り

彼女はそう言った、そして彼女は羽毛布団を丸めて腰タオルを脱いだ。

彼女の予想外の大胆さと視線に興奮して、私は徐々に固くなった。

「……どんどん難しくなっている……」

彼女は人差し指と中指をなめ、唾を吐き、彼女の先端をなぞった***。

“(鵜、、、)”

声が漏れそうだった。

「なめることができる…?」那覇の割り切り

それから彼女は舌を抜いて濡れた先端を舐め始めました、そしてそれが完全に***になったとき、彼女はそれを喉の奥深くにつかみ、きしむ音で滑らせました。

しかし、彼女は年齢に馴染みのないかわいい舌を持っているようでした。

          (つづく)

*本日のおすすめ*

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です